うさこのレーシック総合情報

レ−シックに興味がある人、受けたい人へ


管理人うさこは、メガネ+コンタクトレンズ歴20年ちょっと。
じつは友人から衝撃的な話を聞いたのです。
それはなんと・・・

コンタクトレンズをつけられるのは一生で25年が限度!

コンタクトレンズをつけているだけで、角膜の細胞がどんどん減ってしまうんですって。 角膜の細胞が減りすぎると、やがてコンタクトレンズは使用できなくなってしまうそう。 ひどい場合は失明してしまうことも!

コンタクトレンズ使用の限界は、ソフトコンタクトレンズで15〜20年、ハードコンタクトレンズで25〜30年と言われています。
コンタクトレンズの使用限度

こうしてる間にも、日に日に角膜は減っている・・・。

ええーっ!じゃあ、あと数年でコンタクトレンズができなくなるの? これから先ずーっとメガネ?そんなの絶対にイヤ!!!!!

でもどうしたらいい?メガネ以外の方法って言ったら・・・、レーシック?

怖がりなうさこもレーシックについて調べ始めました。 そうしたら・・・

コンタクトレンズができなくなる(角膜が減る)=レーシックもできない!

うわぁー、急げうさこ!時間がない!!! こうして、コンタクトレンズができなくなる前に、レーシックを受けるという戦いが始まったのでした。 同じく、コンタクトレンズができなくなる前になんとかしたいわんこと進んだレーシックへの道。 うさことわんこが思った様々な不安や疑問について調べ、まとめました。

レーシックついて考えているあなた、 このサイトを読んで、ぜひ参考にしてみてください!




神戸神奈川アイクリニック


症例数

イントラレーシック費用

クリニック所在地

145万症例

23万5000円〜

札幌、新宿、名古屋、
梅田、三宮、 福岡、小倉

分割払い

レーシック手術後保証

老眼治療




症例数国内NO.1の手術実績で、レーシック累計145万症例以上を誇る実績豊富な医師陣と、最新の屈折矯正手術により、安全かつ満足度の高い医療を受けることができます。 また、手術後の追加矯正手術や術後の症状における対応など、アフターケアも充実しています。 それは他のクリニックにはない、一般保険診療も対応しているからこそ。 クリニックの95%以上のスタッフがレーシック手術の経験者のため、レーシック経験者の立場に立ったきめ細やかな対応も魅力。プロ野球選手の糸井嘉男さんやプロサッカー選手の稲本潤一さん、柔道家の井上康生さんなど、多くのプロスポーツ選手のレーシック手術を執刀しています。 手術を受けた選手たちの活躍を見れば、レーシックについて安心できますね。


品川近視クリニック


症例数

イントラレーシック費用

クリニック所在地

110万症例

9万2000円〜

札幌、名古屋、梅田、福岡

分割払い

レーシック手術後保証

老眼治療




現在、主流になっているイントラレーシックの症例数が世界一の施設として、アメリカイントラレース社より4年連続表彰、トップイントラレース賞を受賞したクリニックです。 まだ厚生省とFDA(アメリカ食品医薬局)から認可されていませんが、レーザー照射の精度が向上した最新技術のZレーシックを採用しており、Zレーシックの質の高い技術を受けることができます。 また、レーシックの種類が豊富で、様々な治療方法から選べます。 その高い技術から、プロゴルファーの横峯さくらさんやタレントの松本伊代さん、保坂尚希さんなど著有名人の利用も多いクリニックです。 遠方からの交通補助制度や紹介割引などのサービスも充実しているので、コストを軽減することができますね。



SBC新宿近視クリニック


症例数

イントラレーシック費用

クリニック所在地

9万6280症例

23万5000円〜

新宿、銀座、横浜、梅田

分割払い

レーシック手術後保証

老眼治療




SBC新宿近視クリニックの医師は、眼科専門医であり、レーシック手術のエキスパートの医師が揃っています。 まだ新しいクリニックですが、その技術の高さと信頼性から、サッカー選手の本田圭佑さんを始めとする多くのスポーツ選手のレーシック手術を執刀しています。2012年度のオリコン顧客満足度ランキングでは、レーシック眼科総合部門で1位を獲得しており、サービス面も高い評価を受けています。 また、日帰りレーシック手術が追加料金なしで受けることができます。 遠方か来院している、もしくはスケジュールが厳しく時間がない方でも気軽にレーシックを受けることができますね。

レーシックは自由診療

レーシックは診療区分としては自由診療となります。そのため国民健康保険などの、国が定めている公的なものは適用されないのです。 しかしその代わり、レーシック手術に対しては生命保険や医療保険が適用されることがあります。

まず大前提として、保険会社や手術をおこなう場合の状況等によっては、たとえレーシックだとしても適用されない場合もあれば、適用されたとしてもその金額には大なり小なりの差があるということです。

参考までに、給付される金額としては大体3万円から10万円の間くらいです。そのため事前に自分が加入している会社まで連絡し確認しておきましょう。
またレーシックで給付金を受け取る場合はその正式名称である『レーザー角膜屈折矯正手術』だということを伝えておかないと、あとあと適用されないなどのトラブルが起こる場合があるので、ご注意してください。

次に給付金を受け取るまでの手順を説明します。
まずレーシックの手術をした後に医師から診断書を作成してもらう必要があります。自分が加入している会社から診断書のフォーマットを取り寄せて、そのフォーマットに則った診断書を作成します。

なおこの診断書の作成には別途3000円から6000円の費用が掛かることがあります。これは医院によっては無料で作成してくれるところもあります。
後はこの診断書を自分が加入している会社に送り、レーシック手術の給付金が支給されるのを確認すれば終わりです。

どんなに待っても支給されない場合は、あらためて会社のほうまで連絡し、現在どうなっているのか確認しましょう。

手術によって回復

レーシックとは、メガネやコンタクトで矯正していた視力を、手術によって回復させてしまう医療のことをいいます。

近視・遠視・乱視を対象としており、手術時間は約15分ほどと短く、それでいて日常生活にもすぐに戻れるといった手軽さから、急激な広まりをみせた人気の医療でもあります。

レーシックの費用は10万円前後からあり、それゆえ、トラブルも多くなってしまっているのが現状です。 確かに術後の合併症には深刻なものがあり、興味はあるものの、いまいち踏ん切りがつかないといった人が多いのではないでしょうか。

それでは、合併症には、どういったものがあるでしょうか。
一例として、手術前より術後の視力が低下した、物がずれて視えるようになった、などがあげられます。
原因は病院側ではなく、患者側にあるといったこともあるようです。

こういったリスクを知ってしまうと、さもレーシックは危険であるかのように思われがちですが、果たして本当にそうでしょうか。
実は、レーシックにおいての合併症の確率は、健康な患者を対象とし、経験も実績も兼ね備えた医師によって行われる手術の深刻な合併症の確率は、1%未満といわれているのです。

費用の平均的な相場は、20万円前後ともいわれます。
今までどれだけレーシックを簡単な医療ととらえ、費用も安い方が良いなどと、安易に考えられていたのかがお分かりになるかと思います。

レーシックの費用を考えるときは、それなりに精度の高い医療を求めるべきだと考えます。

Copyright (C) 2013 lasiq.com All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ