カスタムレーシック


レーシックトップページ
レーシックしたい!…
けどコワイ(>_<)
視力矯正できるコンタクト?
コンタクトがもうできない? レーシックも崖っぷち!?
うさこ、無料適応検査に行く!レーシックはできない!?
レーシック受けたい!でも・・・お金の問題?
フェイキックIOLの手術へいざいざいざ!1日目左眼の巻
フェイキックIOLの手術へいざいざいざ!2日目右眼の巻
フェイキックIOLの手術後翌日検査〜3日後
IOL一年後検診
無料適応検査の申込み
適応検査
手術当日 part1
手術当日 part2
翌日検診〜1週間後検診

レーシックについて
レーシックって本当にいいの?
レーシック手術について
レーシックのメリット・デメリット
レーシック手術の注意点
レーシックで老眼が早まる?
クリニック選びのポイント
レーシック手術の費用
目について
近視と遠視と乱視
眼と脳との関係
眼の仕組み
なぜ眼が悪くなる?
コンタクトレンズについて
コンタクトレンズの使用限度
コンタクトレンズが原因で
起こる病気
コンタクトレンズ使用の限界についての資料
レーシック手術の種類
スタンダードレーシック
イントラレーシック
カスタムレーシック
アイレーシック
Zレーシック
スープラコア モ−ド
Vue+(ビュ−プラス)
白内障
Add-On(アドオン)レンズ
ICL/フェイキックIOL

カスタムレーシック


「カスタムレ−シック」とは? レ−シックを既製服と例えるなら、ズバリ、オ−ダ−メイドの手術です。 カスタムレ−シックは患者の目の形に合わせたオ−ダ−メイド手術なので、通常のレ−シックよりも見え方の質の向上が期待できます。

■レ−シックとの違い

通常のレ−シックやイントラレ−シックでは、メガネやコンタクトレンズが矯正できる近視・遠視・乱視の歪みのみをレ−ザ−で照射して補正します。 しかし、カスタムレ−シックでは、レ−ザ−照射の前にメガネやコンタクトレンズでは矯正できない微細な歪みを特殊な収差計を使って測定して、詳細なデ−タ−をもとに低次収差と高次収差の両方を補正するようにレ−ザ−を照射します。

この手術は、レ−シック+歪み矯正をする手術です。 歪みの形や程度はそれぞれ異なります。それぞれ患者の目に合わせてレ−ザ−を照射し、形を整えるオ−ダ−メイドのレ−シックです。通常の手術よりも、見え方の質が良くクリアな視界で見ることができます。 カスタムレ−シックをすることで同じ視力でも見え方の質が良くなりますが・・・欠点もあります。 それは、通常のレ−シックやイントラレ−シックよりも補正するために角膜を多く削るので、角膜の薄い人は適応外となることがあります。


■2種類の手術 ウェーブフロントレーシック&トポリンクレーシック
カスタムレ−シックには、角膜の歪みを計算してレ−ザ−を照射する「トポリンクレーシック」と、目全体の歪みを計算してレ−ザ−を照射する「ウェーブフロントレーシック」あります。



ウェーブフロントレーシック トポリンクレーシック
●レ−シックが可能なすべての人
●手術前の収差が大きい人
●暗所での瞳孔径が大きい人
●レ−シックが可能なすべての人
●角膜形状の非対称性が大きい人
●角膜の不正が大きい人
メリット メリット
通常のレ−シックでは手術によってある程度の収差が増加します。 ウェーブフロントレーシックでは、手術により増加する収差が抑えられ見え方の質がよくなり、夜間視力の低下が起こりにくい。 トポリンクレーシックは、目全体の収差の大きな原因となる角膜の不正を補正して、ウェーブフロントレーシック同様の効果が得られる。
デメリット デメリット
従来のレ−シックに比べて、レ−ザ−で削る角膜実質の量が多くなる場合がある。 従来のレ−シックに比べて、レ−ザ−で削る角膜実質の量が多くなる場合がある。


■ウェーブフロントレーシックとは 

ウェーブフロントレーシックは、従来のレーシックによる眼球の屈折状態では捉えられない個体差を、「波面収差 (光の屈折のズレ) 」を用いて解析して、加変的なレーザー照射を行い、収差を限りなく除く機能を備えています。 そのため、個々の眼に合わせてレーザー照射をカスタマイズできる ので、従来のレーシックよりも優れた技術と言えます。

●矯正方法 「近視」+「乱視」+「収差」(眼球全体を一つの光学系とみた場合のゆがみ)を検知して削っていく方法です。 つまり、角膜全体のカーブだけでなく、表面の凹凸も矯正するレーザー照射を行うことができます。

■トポリンクレーシックとは 

トポリンクレーシックとは、ウェーブフロントレーシック同様、収差の増加を防いだり、既に存在する収差を取り除く事を目的としたカスタム照射法です。 カスタムレーシックの中でもトポリンクレーシックは、角膜の形状を矯正することが目的としたレ−シックです。
●矯正方法
トポリンクレーシックは、ウェーブフロントレーシックが眼全体の収差を打ち消すように照射を行なうのに対して、角膜だけの収差を無くすように照射します。 ウェーブフロントレーシックは、角膜以外(主として水晶体)に含まれる収差も角膜で矯正するので、場合によっては角膜が本来の形状(歪みの無い、滑らかな曲 率の連続面)とかけ離れた形になることが考えられます。 しかし、トポリンクレーシックはあくまでも角膜の収差を取り去ることを目的としているので、角膜形状を本来の形状にする事が目的です。


■カスタムレーシック比較表

クリニック名 術式の名称 使用機器 費用
神戸神奈川アイクリニック カスタム エピレ−シック ウェーブスキャン・ウェーブフロント + ビジックス・スター S4 IR 32万円
品川近視クリニック プレミアムイントラレーシック   9.2万円
品川近視クリニック トリプルRイントラレーシックアドバンス 最新型の「イントラレース」 + 「アレグレット」 15.8万円
SBC新宿近視クリニック カスタムトポフィツト イントラレ−シック イントラレーザーiFS + アレグレット・ウェーブアイキュー・ ブルーライン(銀座院はEX500) 26万円
錦糸眼科 × × ×

■カスタムレ−シックのメリット&デメリット

メリット ●オ−ダ−メイドのレ−シック!
●角膜の凸凹や歪みを解析してレ−ザ−を照射
●夜間のハロ・グレアが起こりにくい
●フラップやヒンジの位置が正確に作れる
●フラップ面が薄くて滑らか
●フラップのエッジが台形なのでシワ・ズレが起こりにくい
●近視が重くても手術可能
●夜間の視力が優れている
デメリット ●従来のレ−シックに比べて、レ−ザ−で削る角膜実質の量が多くなるので、角膜の薄い人は適応外となることがある

Copyright (C) 2013 lasiq.com All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ