アイレーシック


レーシックトップページ
レーシックしたい!…
けどコワイ(>_<)
視力矯正できるコンタクト?
コンタクトがもうできない? レーシックも崖っぷち!?
うさこ、無料適応検査に行く!レーシックはできない!?
レーシック受けたい!でも・・・お金の問題?
フェイキックIOLの手術へいざいざいざ!1日目左眼の巻
フェイキックIOLの手術へいざいざいざ!2日目右眼の巻
フェイキックIOLの手術後翌日検査〜3日後
IOL一年後検診
無料適応検査の申込み
適応検査
手術当日 part1
手術当日 part2
翌日検診〜1週間後検診

レーシックについて
レーシックって本当にいいの?
レーシック手術について
レーシックのメリット・デメリット
レーシック手術の注意点
レーシックで老眼が早まる?
クリニック選びのポイント
レーシック手術の費用
目について
近視と遠視と乱視
眼と脳との関係
眼の仕組み
なぜ眼が悪くなる?
コンタクトレンズについて
コンタクトレンズの使用限度
コンタクトレンズが原因で
起こる病気
コンタクトレンズ使用の限界についての資料
レーシック手術の種類
スタンダードレーシック
イントラレーシック
カスタムレーシック
アイレーシック
Zレーシック
スープラコア モ−ド
Vue+(ビュ−プラス)
白内障
Add-On(アドオン)レンズ
ICL/フェイキックIOL

アイレーシック


「アイレ−シック」を行っているのは、「神戸神奈川アイクリニック」・「SBC新宿近視クリニック」

「アイレ−シック」は完全オ−ダ−メイドの視力矯正手術です。 ウェイブスキャンの性能を上回る「iDesign アドバンストウェイブスキャン」を使用することにより、角膜形状解析度がさらにアップし、 角膜の歪み(高次収差)が大きい方にも対応可能なイントラレーシックです。より精度の高い見え方を求めている人、これまで強度の不正乱視でレ−シックが受けられなかった人にオススメの手術です。

■3つそろって・・・iDesignレーシック!

レ−シックは、ただ視力を矯正するだけではなく、今や見え方の質を追求する時代です。

1.【眼の測定】
iDesignレ−シックに適した眼なのかを確認。同時に手術に必要な膨大なデ−タを計測「ウェーブスキャン・ウェーブフロントを使用

2.【フラップ作成】
眼の角膜を削るために眼の表面を薄くめくる。「iFSフェムトセカンドレーザーを使用

3.【角膜の加工】 レ−ザ−で角膜の中心部を削り、視力を調節する。「ビジックス・スターS4 IRを使用

これら3つの高性能な機器に加えて、検査技術+照射技術が組み合わさって実現できます。 iDesignレーシックは、この3つの工程を一つのメ−カ−で統一することで完結させることのできる、完成度の高いLASIKです。 iDesignレーシックでは検査と手術が完全互換しているといっても過言ではありません。
更に、最新の高解析ウェブスキャンを使用することで角膜形状解析度がさらに向上。
より精度と質の高い見え方が実現します。 結果、iLASKは全世界で1500万眼以上の症例実績をもつ、今やレーシックの主力手術のひとつです。



■iDesignレーシックの三種の神器!


その1.【検査時】

角膜の歪みを解析…アメリカAMO社製の収差解析装置「ウェーブスキャン・ウェーブフロントを使用。
★収差解析装置…5つの測定項目が1回の測定で可能に!
●波面収差解析(高解像度に)
●瞳孔径測定(明所視・暗所視)
●角膜形状解析(新機能)
●角膜形状解析(新機能)
●角膜曲率測定(新機能)



これにより…収差(ゆがみ)が非常に多い眼でも測定が可能に!


その2.【手術時】

フラップの作成…アメリカAMO社製のフェムトセカンドレーザー「iFS フェムトセカンドレーザーを使用。










その3.【手術時】

近視・乱視・遠視を矯正…アメリカAMO社製のエキシマレーザー「ビジックス・スター S4 IRを使用。










■アイレ−シックの特徴

●わずかな歪みを解析して目の状態に合わせたオ−ダ−メイドの照射を行うので、より質の高い見え方を実現します。
●厚生労働省承認のレーザーのみを使用。レ−ザ−による高速フラップ作成だから眼に対する負担が軽減されます。
●視力の回復が早い!
●エッジの角度が固着が安定する台形だから、シワ・ズレが起こりにくい。
●フラップ面が薄く滑らか。
●フラップ面の形状が円形・楕円形の選択が可能。エキシマレ−ザ−の照射がフラップに当たらないから、乱視矯正の精度が高い。

■NASA、米国国防総省が認めた安全性!
日本で最初に「アイレ−シック」を導入したのは「神戸神奈川アイクリニック」。
「アイレーシック」のデ−タをもとに、レ−シックの非常に優れた結果と安全性が認められ、2006年には米国国防総省、2007年にはNASAがレ−シックを導入。
現在、NASAの宇宙飛行士、米国の海軍パイロット、空軍パイロットにも認められています。


■アイレ−シックは世界シェアNo.1の実績!
レ−シック先進国のアメリカにおいても、エキシマレ−ザ−「VISX」のシェアは実に73.6%、フラップ作成用レ−ザ−「イントラレ−ス」においてもシェアは59.3%という結果が出ています。 米国白内障学会2010年の調べでも、多くの眼科医に支持されているとの結果が出ました。


■厚生労働省とFDAが唯一認めた「オ−ルレ−ザ−レ−シック」
「プレミアムアイレーシックで使用するエキシマレ−ザ−「VISX Star S4 IR」と、フラップ作成用レーザー「iFSフェムトセカンドレーザー」は、その高い安全性と良好な手術成績から、厚生労働省とFDA(アメリカ食品医薬品局)により承認されています。 全ての工程をレ−ザ−のみで行うオ−ルレ−ザ−レ−シック。
国内でも様々なエキシマレ−ザ−やフラップ作成用レ−ザ−が導入されてレ−シックが行われていますが、厚生労働省に認証された機器のみを使用しているのは「プレミアムアイレーシックだけです。


■「アイレ−シック」比較表

クリニック 術式 費用
神戸神奈川アイクリニック プレミアムアイデザインレ−シック 35万円
神戸神奈川アイクリニック プレミアムアイレ−シック ●5年保障:28万円
●ト−タルケアサ−ビス
:35万円
SBC新宿近視クリニック アイデザインレーシック 32万円



Copyright (C) 2013 lasiq.com All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ