近視と遠視と乱視

近視と遠視と乱視


「近視」・「遠視」・「乱視」などは、眼の屈折系の異常によって起こります。 目に入る光が目の奥にある網膜上の焦点で結ばない為にピンぼけした状態で見える状態を「屈折異常」といいます。

●網膜の手前で焦点が結ばれることを「近視」
●網膜の後ろで焦点が結ばれることを
「遠視」
●レンズに歪みがあり、光の焦点が1点で結ばれずダブって見える状態を
「乱視」 といいます。

「乱視」・「遠視」が屈折異常を引き起こす原因は、眼軸長といって目の前後方向の長さが異なる事が原因だと考えられてれいます。 他にも、水晶体や角膜の屈折力の差も考えられています。 強い近視の場合は、眼軸が長いことが原因のようです。

近視(仮性近視)ってなに?



「正視」
とは、近視も遠視も乱視もない目のこと。
「目の調節をしない状態で無限遠から来る光が、網膜上にきちんと焦点を結ぶ状態」をいいます。
これが、本来の正常な屈折状態です。

「近視」
とは、屈折異常の一種です。
屈折異常とは、水晶体の厚さの調節が適切にできなかったり、眼軸が長すぎたり短すぎたりすることで、ピンぼけの写真のように見えてしまう状態のことです。

屈折異常があっても、メガネやコンタクトレンズを利用することで眼底の位置に焦点をむすぶと、ものがハッキリと見えるようになります。

「仮性近視」と「真性近視」


「近視」
は・・・「仮性近視」から始まり「屈折性近視」になり、最終的には「軸性近視」になります。 ほとんどの「近視」が、「軸性近視」のことで、「真性近視」すなわち、治らない近視のことです。

それに対して、「仮性近視」は、「真性近視」の一歩手前の状態を言います。
医学的に仮性近視は、一時的な視力の低下だとされ、通常の近視とは区別されて考えられていて、訓練すれば完治するものです。 仮性近視は、「偽近視(ぎきんし)」「調節緊張」とも呼ばれ、水晶体の厚みを変化させる毛様体筋の緊張が原因で一時的に視力が低下します。
毛様体筋とは遠近調節を行っている筋肉。遠くを見る時はこの筋肉がリラックスすることで、遠くにピントが合うのですが、凝り固まるとピントが合わず、遠くがぼやけてしまうのです。
なぜ、凝り固まってしまうのか?それは近くを見過ぎることで起こります。
近くにピントを合わせる時に緊張状態にある筋肉が、読書やパソコン、携帯、スマートフォン、DSなどを長時間し続けることで、凝り固まってしまうのです。
仮性近視の改善法は、目の血行をよくしたり、目のツボを刺激するなどで毛様体筋をほぐすこと。筋肉の血行がよくなれば、筋肉はリラックスし、ピント機能も改善されます。

「屈折性近視」と「軸性近視」

仮性近視を放置していると、やがて眼球が変形し始めます。
角膜が変形をおこすと「屈折性近視」、眼球自体が変形をおこすと「軸性近視」になります。 「屈折性近視」とは、仮性近視の次の段階で、近視の入口のようなもの。
この段階だと、まだ近視を改善できる可能性があります。
屈折性近視は眼の軸は正常ですが、近くを見た状態で筋肉が固まり、水晶体が膨らんだままになってしまう、つまり緊張状態で遠くにピントが合わないのです。
これは一時的なものなので、緊張が解ければ視力は回復します。
筋肉をリラックスさせる仮性近視の改善法に加え、毛様体筋を運動させる近視改善訓練を行うことで、近視が改善しやすくなります。
「軸性近視」とは、眼球自体に変形が生じ、眼球が縦に伸びる、眼の縦軸である眼軸が伸びてしまっ て長くなった状態の近視を言います。
眼軸が長くなっている状態で、網膜の手前で焦点を結んでしまうので、遠くを見るとぼんやりとしか見えないという状態です。
軸性近視は、遺伝的な要因が大きいのではと考えられていますが、はっきりとした原因はいまだわかっていません。

遠視ってなに?


「遠視は遠くがよく見える…?」
と思われていますが…それは間違いです。

「正視」の人が遠くを見る時に調節力を使わないのに対して、「遠視」の人は遠くを見るのに調節力を必要とします。
「近いところを見るように遠くを見ている状態」すなわち、近いところを見る時のように毛様体筋を働かせる必要があるため、目が疲れてしまうのです。
「遠視」の人は、歳をとることで調節力が低下し早い時期に「老視」を自覚するようになります。
子供の場合、「遠視」であっても調節力が強いので学校の視力検診では発見されにくく、症状が現れないことが多いので発見も遅れます。眼科で検査をする際も、調節を一時的に休ませる目薬を使って検査をしますが、その程度は正確には判りません。
子どものころに「遠視」だと自覚をしていないと・・・「集中力がない」とか、「勉強嫌い」とか思われがちです。

「遠視」の子どもは、長時間本を読んだりするのがツラいのです。
子どもの場合、絶えず目の調節を必要とするために目と身体が疲れやすくなり、集中出来ずに学習に障害がきたすこともあるようです。
また、幼年期に強度遠視で十分な視力が出ないと 「弱視」 の原因にもなります。

乱視ってなに?


ものがボヤける、二重・三重にダブって見える・・・それは、「乱視」です。

「乱視」の主な原因は、角膜や水晶体の歪みによるものです。
角膜は、通常は球の表面のように均等になめらかなカーブを描いている状態になっているのに対し、「乱視」の場合、角膜は表面に歪みが生じ、カーブに異常があります。 そのため、眼底に映像をうまく送れません。 軽症の場合は、自覚症状もありません。
遠くも、近くも輪郭がぼやけて見え、片目で見るとものが二重に見えたりします。

「乱視」の原因には、「正乱視」「不正乱視」があります。
角膜・水晶体がいずれかの方向に歪んでいるため、目に入った光線が複数の場所で焦点を結ぶ「乱視」のことを「正乱視」 角膜の表面に凸凹があるために眼内で光線が焦点を結ばない「乱視」のことを「不正乱視」 といいます。

●「正乱視」の場合・・・ハ−ドコンタクトレンズ・メガネ・乱視用ソフトコンタクトで矯正が可能です。

●「不正乱視」の場合・・・円錐角膜が代表的な疾患なのですが、角膜移植や外傷の後になる場合もあります。
ハ−ドコンタクトレンズで矯正することは可能ですが、メガネ・乱視用のソフトコンタクトレンズでは矯正することは出来ません。

乳幼児で左右の目の「乱視」の度合いに大きな差があるときは「不同視弱視」と呼ばれます。 「不同視弱視」は、片方の目だけに強い「遠視」があって、その目を使わないために視力の発達が遅れている状態をいいます。

弱視の治療は早ければ早いほど効果的です。 「形態覚遮断弱視」は2歳まで、「斜視弱視」は3歳までが目安ですが、「屈折異常弱視」「不同視弱視」は通常・・・8歳を過ぎても治療効果のあるようです。

「乱視」の原因として気をつけないといけないことは、ものを見る時に目を細めないことです。 ものがよく見えないと無意識のうちに目を細めてしまいます。 しかしこの行動が「乱視」の原因なのです。
原因はわかっているので、自分の心がけ次第で「乱視」が防げるので注意しましょう!


Copyright (C) 2013 lasiq.com All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ