なぜ眼が悪くなる?

なぜ眼が悪くなる?

うさこ・・・6歳、小学1年生。
本が大好きで、夜寝る時には布団に潜って懐中電灯の明かりで読書をしていました。

母:「早く寝なさ〜い」
うさこ:「は〜い」・・・返事だけ。(本が面白いから眠りたくない!)     

結果・・・小学3年生でメガネデビュ−。
当時のメガネは分厚かった・・・ 牛乳瓶の底みたいなメガネでした。
あだ名は、アラレちゃん。
目が悪くなるような生活をしていたから仕方ないけど、今更ながら後悔の日々。

目が悪くなる原因

目が悪くなる要因には、大きく分けて「遺伝的要因(軸性近視)」「環境的要因」があります。 近視の強い人は「遺伝的要因」の影響が大きく、軽度の人は「環境的要因」が強いと考えられています。

「遺伝的要因(軸性近視)」で進む近視は、残念ながら避けることはできません。 遺伝的要因が表れるのは、だいたい6歳以降のようです。 生まれた時から近視の赤ちゃんはいません。 たいていの場合は、小学校に入ってから「遺伝的要因」で近視になるようです。

「遺伝的要因(軸性近視)」以外の近視・・・「環境的要因」の原因は、生活習慣に原因があるように 考えられています。 近くのものを見ることによって生じる調節緊張状態を解消しようとして、眼軸が伸びて近視や近視進行の原因になると考えられています。
読書、PC、携帯、スマホ、DSなどを長時間見続けることが原因と考えられています。
結果、「環境的要因」による近視化を招きやすくなったと考えられています。 他にも、食生活が乱れて偏食がちになり、目に必要なビタミンA・ビタミンB12の不足や睡眠不足、不規則な生活、ストレスなども原因になっているようです。 そのほか、視力低下の原因として、「遺伝説」、「環境説」の他に「成長説」があります。 もともと遠視である幼児が、近視化がみられる過程で近視化が止まらずに眼軸が伸びる症状です。

では、なぜ近視が悪化するのでしょうか?
近視は「単純近視」「病的近視」に分けられます。 最近の調査では、小学生の10%が近視で、中学生になるとさらに増えて20〜30%の生徒に近視がみられるようです。
子どもたちをとりまく環境が、近視の発生を促しているのは事実のようです。 近視は、小学校高学年ごろから増え始めて、中学・高校と年齢を追うごとに多くなっていきます。 このように、学齢期に近視になることを「学校近視」といいます。 「学校近視」は、成長する子供の目の生理的変化によるもので「単純近視」とも呼ばれています。
「単純近視」は一般に近視の度が比較的軽く、メガネで正常の視力まで矯正することができます。 遺伝的要素や、環境的要素が影響すると考えられています。

「病的近視」
の多くは幼児の時から始まりどんどん進行します。 「病的近視」は、近視の度も強くメガネをかけても視力が0.1〜0.2くらいまでしか回復できません。 何らかの原因で眼軸(眼の前後の長さ)が伸び、ピントが合わなくなります。 光学的な問題だけではなく、眼球自体が変形して網膜や視神経などの視覚にとって重要な組織が伸展(伸びたり・ゆがんだり)するようです。
網膜出血・網膜変性・網膜剥離・緑内障・視神経障害などが生じ、メガネやコンタクトレンズをつけても視力が矯正できない病態です。
近視の人でも、ごくわずか約1%でこのような 「病的近視」のケースがあります。 最近の子どもは、読書をしたり、物を書いたり、テレビを見たりすることが生活の一部となっていて、近視は現代生活に適応した状態なのかもしれません。

目が悪くなるメカニズム

目が悪くなる理由には・・・原因の一つとして眼精疲労が考えられています。
近くのものを見続けることで、水晶体が厚くなり毛様体が緊張して眼精疲労が起こります。 目は、疲れた状況から逃げようと近くを楽に見ようとして近視が進みます。
このとき、毛様体が疲れて衰えて視力の低下が起こります。 メガネをかけ始めて目が悪くなる理由はここにあります。
メガネを掛けることで毛様体が楽をしようとするので衰えて近視が進みます。
目は、メガネの度数に合わせて目の状態を適応しようとするために、さらに目が悪くなりメガネの度数を上げた結果、視力がドンドン進んでしまいます。

生活週間・・・

目が悪くなる理由には、長時間のPCやテレビゲ−ム、携帯・・・などが目に負担をかけて眼精疲労を起こして目を悪くするとも考えられています。
また、肘をついて本を読んだり、寝転んでTVを見たり・・・どちらかの目だけに負担がかかるような作業をすると左目・右目に差が生じてガチャ目になります。 ガチャ目になると、片方の目ばかりを使いますます視力低下が進みます。

近視の進行を抑えるために・・・

近視の進行を抑えるために・・・眼科では目の筋肉の緊張を解くために目薬(商品名:ミドリンM点眼、サンド−ル点眼)を処方しています。
他には、近視の進行を抑えるために・・・

●1時間本を読んだり、40分以上PC・携帯を長時間見たら5分間は遠くを見るようにする
●本を読む時は、30cm以上は離して見る
●暗いところで本を読んだり、寝転がって本を読まない
●電車・車など揺れる乗り物などで本を読まない
●夜更かしをせず規則正しい生活をすること


メガネを作るなら2つあると便利!

日本人の眼鏡人口は6000万人と言われています。
コンタクトレンズは、メガネと違って車の運転用と近くを見る時用とを使い分けるのは困難です。 しかし、メガネの場合は使い分けはそれほど困難ではありません。

眼鏡を作る時、ある程度距離が離れたところがよく見えるように度数を調整して作ります。 例えば・・・車の運転する際には遠くが見えるメガネが必要です。
しかし、日常生活では近くを見る事も必要です。

近くを見る時は、毛様筋という目の中の筋肉が収縮します。 長時間PCなど近くを見る作業をしているとこの筋肉が疲れてきて、物が見づらくなってきます。 コレが、目のかすみの原因です。 眼の調節力は20才前後が頂点で、後は低下をたどります。
30代は既に老眼予備軍です。 なので・・・車の運転や遠くを見るために作った眼鏡だと、PCのCRTや液晶、携帯電話などの近くを長時間見ることに疲労を感じてしまうというわけです。 近くを見るメガネには、ちょっとした工夫が必要です。
人は近くの物をメガネを通して見る時、通常はメガネの中心で見ようとします。
誰でも、近くを見る時には少し寄り目になります。 近くを見る時は瞳孔距離が少し小さくなるので、近くを見る時用のメガネは、瞳孔距離を小さく処方した方が見やすいメガネ=老眼鏡?になります。
うさこも最近、眼科でコンタクトレンズの定期検査をした時に、近くを見る時ようのメガネを作るように言われました。 コンタクトをかけて、その上からPC作業用のメガネを掛けたほうがいいと。 いわゆる「老眼メガネ」・・・、ショックでした!

週末老眼化現象

毎日PC作業をしている人、あなたの目は大丈夫ですか? 週末になると目の調子が悪くなることありませんか?

●近距離の対象物がかすむ
●遠距離の対象物が見えにくい
●目の痛み・重みなどの疲れを感じやすい
●目が乾く

これらの状態があると、あなたの目は「週末老眼化現象」といえるかもしれません。
「週末老眼化現象」
とは、毎日の長時間PC仕事などで目を酷使し過ぎて、週の後半頃になると睡眠などによって近く・遠くを見るピント調節能力が回復しない状態になってしまうこと。
この症状は、中高年だけではなく20〜30代の若い人にも起こる現象です。
この症状を改善させるもっとも良い対処法は休息をとることです。
疲れたな〜と感じたら、目をしばらく休めて遠くをしばらく見るのも良い方法です。
他にも・・・蒸しタオルを40度くらいに蒸して目の上に置いて10分間休ませます。
すると、目のピント調整力を改善することができます。
ドライアイ改善にもおすすめです。 目の疲れを感じたら・・・目の緊張をほぐして下さい。

視力の低下が感じられたら・・・
生活習慣を改めて視力の低下を抑えましょう!


Copyright (C) 2013 lasiq.com All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ