品川近視クリニック 手術当日 part1

品川近視クリニック〜手術当日 part1

いよいよ手術当日…。
目から下のみ化粧水と乳液はいいけれど メイクはダメ!
お風呂も今日は首から下だけ…なので、家を出る前にシャワーを浴びて行きました。
日焼け止めもダメなので帽子&日傘でしっかりガードしながら…。

「手術後は一人で帰ることもできるけど、付き添いの人がいると安心」と聞いていたので、4年前にここでレーシックを受けた友達のIちゃんにお願いして一緒に付いてきてもらいました。

まず受付で先に手術費用を支払い、同意書(承諾書)やその他必要書類の提出をします。
(手術直後は視界がぼやけるらしいので先に必要手続きをすませておく)


すぐに名前を呼ばれ、手術直前の検査(手術前の最終確認?)をしました。


両目とも0.09…。ほとんど見えません〜〜。


一通りの検査が終わると、手術後に使う保護用サングラス(花粉症用のメガネみたいなサングラス)と、就寝時に使う保護カバー(保護用眼帯)をもらいました。
あとは名前を呼ばれたら手術室のあるフロア、16Fに向かうだけ。
不思議と緊張感は全くありませんでした。
名前が呼ばれるまではIちゃんと雑談などをしながら過ごしました。
(ここでだいぶ待ち時間があった後…)ついに名前が呼ばれました!


エレベーターで16Fへ。


手術室のあるフロアの受付。
こちらも、検査フロア同様、広くて清潔感のある空間が広がっていました。


入り口でスリッパに履き替えて中に入った所。
16Fなので明るくて見晴らしがいい〜!


「あっ!ビルとビルの間に大阪城が見える!」
と、付き添いのIちゃんが教えてくれました。
私は裸眼なのでぼんやりとしか見えず…。


視力が良くなったら景色も違って見えるんだろうな…。


カルテに書かれている名前、生年月日を確認した後、それが書かれたプレートを首から下げて、髪の毛落下防止のためのネットをかぶります。


手術後に点眼する目薬の種類と順番の説明を受けました。


合間に点眼麻酔など数種類の点眼薬をさしてもらいます。


手術直前、医師による眼の検査&カウンセリング。


最後に質問や確認したい事があればここで聞くことができます。


診察の後、名前が呼ばれ、ついに手術室へ…。
付き添いのIちゃんに「いってらっしゃーい、がんばってね。」と見送られ手術室へ。
ここへきて初めてドキドキしてきました!!

>>私が体験した品川近視クリニックのサイトはこちら

Copyright (C) 2013 lasiq.com All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ