コンタクトレンズの限界

【レポ3】コンタクトがもうできない?レーシックも崖っぷち!?


レーシックについて調べていたら、衝撃的な話を友人から聞いてしまった!!

「コンタクトレンズを着けられるのは一生で25年が限度らしいよ」


え、ええーっ!!!!!!!!!!
私は中学生の時からコンタクトレンズをしているから、すでに25年なんですけど!
聞いてないよー!


驚いて調べてみると、
「コンタクトは20〜25年しか装着できません
「コンタクトレンズを装着していると角膜に酸素が届きにくくなり、内皮細胞が死滅」


角膜の内皮細胞が少なくなると、コンタクトレンズを着けることはできなくなるとのこと。 ソフトコンタクトレンズは酸素の透過性が低いので、内皮細胞が死滅しやすいらしい。 私は酸素透過性の高いハードコンタクトレンズだからソフトよりはコンタクトレンズの寿命が長いみたいだけど、今後コンタクトレンズが使えなくなる日が来るってことじゃない。
しかもコンタクトレンズができないということは、視力矯正レンズのオルソケラトロジーレンズも使えないということ。
これはなんとしてもレーシックを受けねば!

しかし・・・、

「内皮細胞が少ない人はレーシックを受けることができません」

なんですとー!!!
メガネのみの生活なんて無理。
度が強すぎて疲れちゃうし、頭が痛くなる。
何よりもずっとメガネ顔なんて絶対イヤだ!

慌てた私からの電話に、ケイちゃんもびっくり。
「コンタクトレンズが着けられるのに限度があるなんて、私も知らなかったー。」
「どうしよう〜、レーシック受けられなかったら、メガネになっちゃう!」
「落ち着け、うさこちゃん!無料検査とかあるから、まずはレーシック受けられるか調べてみなよ。」

無料検査?レーシックできるか事前に無料でわかるの?
よし!無料検査に行こう!

Copyright (C) 2013 lasiq.com All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ