フェイキックIOLの手術へいざいざいざ!2日目右眼の巻


レーシックトップページ
レーシックしたい!…
けどコワイ(>_<)
視力矯正できるコンタクト?
コンタクトがもうできない? レーシックも崖っぷち!?
うさこ、無料適応検査に行く!レーシックはできない!?
レーシック受けたい!でも・・・お金の問題?
フェイキックIOLの手術へいざいざいざ!1日目左眼の巻
フェイキックIOLの手術へいざいざいざ!2日目右眼の巻
フェイキックIOLの手術後翌日検査〜3日後
IOL一年後検診
無料適応検査の申込み
適応検査
手術当日 part1
手術当日 part2
翌日検診〜1週間後検診

レーシックについて
レーシックって本当にいいの?
レーシック手術について
レーシックのメリット・デメリット
レーシック手術の注意点
レーシックで老眼が早まる?
クリニック選びのポイント
レーシック手術の費用
目について
近視と遠視と乱視
眼と脳との関係
眼の仕組み
なぜ眼が悪くなる?
コンタクトレンズについて
コンタクトレンズの使用限度
コンタクトレンズが原因で
起こる病気
コンタクトレンズ使用の限界についての資料
レーシック手術の種類
スタンダードレーシック
イントラレーシック
カスタムレーシック
アイレーシック
Zレーシック
スープラコア モ−ド
Vue+(ビュ−プラス)
白内障
Add-On(アドオン)レンズ
ICL/フェイキックIOL

【レポ7】フェイキックIOLの手術へいざいざいざ!2日目右眼の巻

朝起きると、左眼が見えなくて一瞬びっくり。手術して眼帯していることにすぐに気づき、気をつけながら着替えをします。
顔は洗えないので、ホットタオルで拭いてから、目の周りを避けて化粧水とクリームだけでケア。 今日は左眼の眼帯がとれます。どれだけ見えるのか楽しみ!
そして右目の手術。昨日でだいたいのことはわかっているのでちょっと安心です。
付き添ってくれるはずの夫が急な仕事で行けず、一人で神戸神奈川アイクリニックへ。
片眼が見えない分、歩くのも階段の昇り降りも慎重です。

着いたら、まず、昨日持ってくるのを忘れていた未使用の使い捨てコンタクトレンズを受付に出します。
神戸神奈川アイクリニックは未使用であれば、使い捨てコンタクトレンズを1箱単位で買い取ってくれます。

左右1箱ずつで合計2000円で買い取ってもらいました。


昨日と同じように、今度は手術後に右眼に点眼する目薬と抗生物質の薬を受け取ります。


それから、今日は左眼が見えるので、着用して帰る保護用のメガネも受け取りました。花粉症用のメガネと同じ感じ?

手術前に左眼の検査を受けます。 スタッフさんに左眼の眼帯を外してもらって、ゆっくり目を開けると・・・、見える・・・、見えるよー!
眼圧の検査をした後、視力検査。 めちゃくちゃ見える!
なんと一番下の一番ちっちゃな輪っかの開いてるのも見えてしまった!
「よく見えていますねー。今、1.5見えてますよー。」 なんと!小学生1年生以来の1.5では?うれしい!うれしすぎる!


昨日と同じく2種類の目薬を繰り返し点眼します。

手術担当のスタッフさんに連れられ、手術室エリアへ。
昨日と同じように、白衣と帽子をかぶり、麻酔の目薬を点眼して待ちます。
まずは安田医師が左眼を診察。
「視力もしっかり出ていますし、見たところ経過は順調ですね。あとで鏡を見たらびっくりするくらい眼が内出血で真っ赤ですが、心配はいりませんからね。数週間か1ヵ月程度で吸収されて、赤みも消えますよ」
そんなに目が赤いのかな?後で見てみようっと。

いよいよ右眼の手術へ。 昨日でだいたいの感じはわかってると思い、わりと落ち着いて挑んだ右眼の手術。
しかし、昨日よりも要所要所で痛い。圧迫感も昨日より強く感じる。なぜ?右眼に何かあるの?

手を握ってくれているスタッフさんの手をより強く、ギューっとしてしまう私。それに反応して、「頑張って!」というかのように、握ってくれるスタッフさん。 スタッフさんの手を頼りに「早く終わってー」と思いながら、過ごす10分間。 「はい、終わりましたよー。」 「はぁー、なんか昨日より痛く感じましたー。」 「なぜか、患者さんのほとんど2日目の手術のほうが痛かったっておっしゃるんですよね。1日目緊張しているせいですかね。」 と安田医師。 そうなんだー、みんな2日目の方が痛いって言うんだ。よかった。右眼は何かあったのかちょっと心配しちゃった。とりあえず一安心。

立ち上がったら、なんだかふらふらする。しかも右眼の奥がズーンと痛い。
「すみません、ふらふらするので少し休ませてもらえますか?」
「いいですよー。大丈夫ですか?」
リカバリールームに案内してもらい、リクライニングチェアに横になった。
「誰かお迎えにきてもらえるなら、お願いした方がいいかもしれませんね」
「はい。そうします」
仕事が終わりそうな夫に電話して、クリニックまで迎えに来てもらうことにした。
「痛みがひどかったら、痛み止め飲みますか?」
「ぜひお願いします。」
昨日より痛みが強く感じるのは、緊張が弱かったせいなのかな?それにしても、今日はぐったり感とズーンとした痛みがする。
スタッフさんが薬を持ってきてくれて、毛布をたくさんかけてくれたので、鎮痛剤の効き目もあり、そのまま1時間眠ってしまった。
起きたら、痛みも落ち着いて、だいぶ元気になり、気分が良くなっていました。
それにしても、私の前に手術していた人達は、普通な感じで帰ってたのになあ。
なんで私は気分悪くなっちゃったんだろう。確かに痛みに弱い方だけど。
手術を受けた後の体調や眼の様子は個人差があるみたいです。
迎えに来た夫は私を見るなり、
「うわぁっ、昨日手術した方は真っ赤だよ」とびっくりした様子。
トイレに行って、鏡で見てみると確かにかなり赤い。というか白目が全部赤くてバイオハザードばり。
帰り道、左眼がよく見えていて、メガネも歪みもないので昨日よりはいいけれど、やはり片目は見づらい。特に階段は気をつけないと危ないなあと思いました。
この日は夫と大起水産の回転寿司でちょっとつまみ、デパ地下でケーキを買って(夫婦揃って甘いもの好き)、さっさとオウチに帰りました。

明日はいよいよ両眼で見ることができる!

Copyright (C) 2013 lasiq.com All Rights Reserved.
外為ジャパンの口コミ